想定されている5Gの利用法

5Gの利用方法

総務省は2020年の5Gの実用化に向け、2018年(平成29年)度から、さまざまな実証実験を行っている。そんななか、総務省は「諸外国においても5G実現に向けた取組が加速しています。特に、5G時代の競争環境を意識し、5Gユースケース(利用方法)確立のために様々な実証が行われている状況です。こうした流れも踏まえ、この度新たに技術目標を設定し、より幅広い利活用分野の課題解決を目的にした平成30年度の5G総合実証試験を実施する」としている。 今後、実用化される可能性があるものもあるし、現実的ではないものもある。それら、今後想定される5Gの利用法をの一部を紹介する。

5G利用が想定されるジャンル  

 スポーツ/エンターテイメント  

 労働力

 交通

 医療/介護

 防犯/セキュリティ

 減災/防災

 教育

 農業  

 

総務省による5G総合実証試験の概要(2017年度)出典


総務省による5G総合実証試験の概要(2018年度)出典

タイトルとURLをコピーしました