想定される5Gの利用法 〜医療/介護〜

遠隔診療と緊急医療

〜低遅延技術と高精細映像伝送技術〜

どんな技術 ?

都市部の総合病院と遠隔地診療所を5Gで結び、診療や往のサポートを行う。また救急医療で 5G による搬送中患者の高精細映像・検査データなどを送信する。今後は遠隔地でロボットによる手術可能性も考えられる。

事例

NTTドコモなど 5Gを活用した救急搬送高度化ソリューションの実現に向けた実証試験に基地局を提供(2019年2月15日)

NTTドコモなど 5Gの実現に向けたスマートシティ分野および医療分野における総合実証試験(2018年2月20日〜3月6日)

課題

高度で先進的な手術どの医療を遠く離れた地で受けられるのは喜ばしいことある。しかし、手術をするロボットの側に医師が立ち会うにしても、その医師はれほど高度な技術が伴わない場合、ロボットの不具合のフォローができるか不明である。また、電磁干渉などでの暴走も絶対ないとはいえない。

タイトルとURLをコピーしました