想定される5Gの利用法 〜スポーツ/エンターテイメント〜

5G利用による新たなスポーツ観戦

~高精細・高臨場感の映像コンテンツ伝送と多端末接続~

どんな技術?

スタジアムから遠く離れた地に高速伝送し、現地でなくてもリアルに臨場感が感じられるという技術や、スタジアム内で専用端末でさまざまな角度で目の前のシーンを見られる技術。

事例

ソフトバンク ヤフオクドームで5Gを活用し、多視点切り替え可能な3Dパノラマ映像を用いたVR試合観戦実験に成功(2019年3月20日)

NTTドコモ、テレビ東京 「柔道グランドスラム2018」で5Gを活用してVR空間内でスポーツ観戦を楽しめる「VRソーシャルビューイング」の実証実験を実施(2018年11月21日)

楽天、次世代スマートスタジアム等の実現に向けた5G実証実験を 楽天生命パーク宮城にて実施(2018年11月16日)

KDDI プロ野球を好きな角度でライブ観戦、世界初、「5G」で自由視点映像のリアルタイム配信に成功(2018年6月27日)

課題

そこまで高精細の画像や映像は求められているのか。世の中は高精細のバーチャルより、現実を見て体験したいというがあるのでは。 リアルな場面を見ている状況で、端末を見る余裕はあるのか。そこまでして情報がほしいとは思えない。

鉄道等の高速移動体での映像送信  

~高精細映像伝送技術~ 

どんな技術?

東京オリンピック・パラリンピックなどの競技映像や映画、旅行先などの観光コンテンツなどの映像を、5Gを使い、高速で移動する鉄道などに伝送する。

事例

5Gを用いたSL大樹への超高精細ライブ映像伝送に成功(2018年11月28日)

KDDI・JR 東⽇本が共同で第5世代移動通信システム「5G」を活⽤した実証実験を実施(2017年9月28日)

課題

移動中にまで映像や映画を見たいという需要や要求はあるのか不明。旅先の情報は現在使われているWi-Fi経由のスマホで十分得られる。また、鉄道などで移動する場合は、窓の外の景色の方が価値があるのではないか。

タイトルとURLをコピーしました