想定される5Gの利用法 〜交通〜

自動運転の自動車の遠隔監視

~低遅延技術と同時多接続技術~

どんな技術?

今後導入が予測される自動運転の自動車。そこで自動運転をしている複数の自動車を5Gなどで接続し、離れた地で監視し、緊急時には制御する技術。この実験では2台の自動運転自動車を使って行われた。

事例

KDDI 国内初、5G等を活用した複数台の遠隔監視型自動運転の実証実験の実施(2019年2月5日)

課題

高齢社会で高齢のドライバーが増加したり、自動車以外移動手段がない地で自動運転自動車は移動手段として期待が持てるのは事実である。この技術でも暴走や機械が対応できない緊急時の対応が懸念される。また遠隔で管理する人へ過度なストレスがかかること心配である。

視界が制限された高速道路での安全補助システム

~低遅延技術と同時多接続技術~

どんな技術?

濃霧で通行止めが頻発する大分自動車道の日出JCT附近の道路沿いに複数台のセンサーと赤外線サーマルカメラを設置する。その上で走行する自動車の数、スピードなどを検知し、専用の端末をつけた自動車のフロントガラスに、濃霧で見えないが、リアルタイム前の自動車との距離、スピードなどを分析し状況を補完した映像を写し運転を補助するシステム。

事例

大分県 濃霧の高速道路でも安全に走行できる運転補助システムの確立(2019年1月11日開催 5G利活用アイデアコンテスト 優秀賞)

課題

実現すればよい技術であるが、課題も多いと推測される。通行止めをなくすとしているが、専用端末が必要になるため、その装置がある自動車とそうでない自動車との差が出て、装置がない自動車も通行できてしまう可能性が出る。積雪時のチェーン規制のように高速道路入口や、いずれかの地点で目視などの確認をし、本線流入を規制すると考えられるが、そのことで渋滞が発生することが考えれられる。

タイトルとURLをコピーしました